プロペラ班の日記です

Topics

最近の更新

塗装案

書いた人: neighbor | 17/05/07 20:59

5月もGWが過ぎ、もう中旬に入ろうとしていると「鳥コン」「引退」という言葉がチラつく時期になってきました。あと80日かそこらで鳥人間人生が終わると思うとなかなか焦燥感を覚えます。

プロペラ班の進捗としては本番ペラの貼り合わせがもうそろそろ終わり、二年生製作のペラ端をつければいよいよ塗装という一大イベントを迎えます。なりふり構わず塗装案募集していたんですが全く集まらなかったため仕方なく貧困なセンスを振り絞って、デザインのセンスある人からアドバイスをもらいつつ考えました。

パイロットが途中まで「オレンジがいい!」って言ってたのでその方向もいろいろ模索してたんですが、何やらいろいろあってパイロット様は「やっぱオレンジやだわ」とかのたまわれたのでキレそうになったのは秘密です。


g11134.png

ということでこちらが今年のプロペラ塗装予定になります。なんだかんだいってかなり気に入っているのでうまく塗装したいものです。

二年生は二年生でブチルを使わないエクストリーム真空引き法を編み出したり、代々カーボンで作っていたのを発泡で作るように依頼したスピナーを早速完成間近まで仕上げていたり、頑張っているようです。

あと3か月弱、しっかり製作を行っていきたいですね。




TFでちゃんと機体が浮いたことには心底安心しました。

コメント(0)

コメントを書く

プロペラができました

書いた人: neighbor | 17/02/21 16:55

一月二月のブログ更新をさぼってしまってすいません。ということであけましておめでとうございます(いまさら)


時の流れは早いものでパテ盛ってパテやすってパテ盛ってパテやすってサフ吹いてサフやすっていたらいつの間にか一月が終わっていました。二月上旬は単位やら点数とか言った言葉が飛び交う行事のせいで作業行えなくて大変でした。僕の7単位が琵琶湖の底に沈んだことはお気になさらず。

2月11日に雌型製作、通称大積層を行いました。エコノムーブ部門の方々は手伝っていただきありがとうございました。

C4hPFIlUMAAP9C1.jpgC4hPFJ9UYAEmuct.jpg

空焼きした結果製品面に一か所気泡が膨らんだ部分があったので、そこは表面のゲルコートを砕き割ってパテで埋めました。放置すると製品を焼いてるときにさらに膨らんで形状が変わる可能性があったので。


ペラスパーも巻きました。細い桁をまくことに定評のあるフレーム班に手伝ってもらっていい桁が製作できました。

IMG_4789[1].JPG

そしていろいろありましてプロペラができました(省略)

IMG_4968[1].JPG
現在表面処理中です。漆黒のプロペラにカビが生えてるみたいでちょっと嫌なんですがこれのあるなしで性能が大きく変わるので仕方ありません。今はデザインに頭を悩ませてます......

本日はグラウンドで初めて機体が組みあがるGSUです。ハブなどの金属部品の製作がかなり難航してたみたいですが担当者二人が間に合わせてくれました。

これからTFシーズンです。頑張っていきたいと思います。

コメント(0)

コメントを書く

孤独のパテ盛り

書いた人: neighbor | 16/12/22 17:17

「パテを盛る時はね、誰にも邪魔されず自由で、なんというか、救われてなきゃあダメなんだ。独りで静かで豊かで......」


ごめんなさい嘘つきました独りじゃ終わりません、人数をかけないとダメです。ということで今年は例年より多いペラ班員6人の数の暴力で進捗速度を上げていきます。幸いなことに一年生三人二年生一人が大学から徒歩圏内に住んでいるので終電を気にせず作業できます!(ブラック思考)
余り根を詰めすぎるのはよくないとは言いますが、今からロールアウトまではそんなことは言ってられないのでガンガンやっていきます。

この間13や15のOBの方々にお話を伺う機会があったのですが、今年のパテ盛りの開始は結構早めだそうです。ただその分ロールアウトも早いので作業日程はカツカツですが何とか間に合わせます。ペラハブも同時並行で製作してもらうので、ペラ班金属担当にはかなり負担を強いることになりそうです。労いになにか奢るべきか......



QWYpXOTn.jpg
とりあえずのパテ盛り進捗です。まだまだ先は長いですがまず一歩を踏み出せました。千里の道も一歩から、頑張っていきます。

コメント(0)

コメントを書く


Copyright © 1992-2010 Meister. All rights reserved. E-mail : webmaster@meister.ne.jp