しゃちょーが書いた2009年10月28日の記事です。

2009年10月28日 成田大会報告 そのいちっ!

書いた人: しゃちょー(2009/10/28 18:14:49)

この日記をみる人はいるのでしょうか。。。
まだ色々仕事は残っているのに、すっかりOB気分なクラモトです。

10月3~4日に行われた成田大会@NATS(日本自動車大学校)の報告をします。
この大会は、2009年の最後の大会、2007年入学の私達にとっての引退レースとなりました。

金曜日の夜(2日深夜)、積み込みをして出発!!!
早朝には無事に会場入りし、ゆっくりと準備を行いました。

* * * * * * * * * * * *


1日目の午前中には車検。もう慣れたもので、スムーズに合格を頂き、午後の予選に向けてフリー走行を始めました。
(1日目にある予選は車検、テストランの後、午前と午後の2ヒートが行われます。)
おもいっきりトルク側にギヤを振って走らせてみましたが、走行を始めてから数周で電池がお無くなりになられました・・・
ちなみにこの電池、前回の大会で謎の死を遂げた電池だったのですが、あっというまにお無くなりなられたということは、
やはり電池そのものに何かしら問題があったのでしょうか?


そんなこんなで、フリー走行は終了。データ収集は予選に回すことにします。Operaの出番は午後の予選なので、午前中の予選を観戦するなど、余裕がありました。
・・・この時にちゃんと対処しておけば・・・・・・・




午前中の予選は豪雨に見舞われ、皆さん大変そうでした。
走行を見合わせるチームもあり、記録は伸び悩んでいました。

このまま豪雨の中で走らせるのは嫌やなぁ、と思っていましたが、幸いなことに午後の予選までには雨も上がり、
安心して車体をグリッドインさせることができました。



予選スタート!
Operaは無事にスタートして行きましたが・・・



・・・スクリーンが真っ白

曇り止めを塗る、という発想がチーム員全員の頭から欠落していました。
ごめん、むらむら(ドライバー)。


そんな中でもドライバーは必死に走ってくれました。
しかし、こんな危険な状態で走らせるわけにはいきません。
・・・が、ドライバーとの連絡ができません。
コースサイドからピットボードを掲げてみたり、叫んだりとび跳ねたり併走したり、というのを何周も繰り返して、
ようやくピットインの指示がドライバーに伝わりました!

急いで曇り止めを施し、ピットアウトさせました。
それでも、曇り止めの効果が薄かったのか、遅すぎたのか、再びスクリーンは曇り始めてしまいました。

最終的な予選結果は11位/30台(だったような気がします)。

日曜日の決勝は午後ヒートでのスタートとなりました。。。。。




つづく。

この記事へのコメント(1)

null (2009/10/29 01:02:55)

活動報告してね!

コメントを書く

Copyright © 1992-2017 Meister. All rights reserved. E-mail : webmaster@meister.ne.jp